隣の芝生は…気になる早稲アカの「NN」

+11
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
これが「NN」だ!
NNなら 「順当も逆転も」 !?
「Wスクール」は「覚悟」が必要
合格への道は慌てず、騒がず

スポンサーリンク

これが「NN」だ!

 各進学塾とも早いところでは4月から、遅くても秋には開成、桜蔭、慶應などの学校名の「カンムリ」を付けた志望校対策が始まります。中でも有名なのがこれを早稲田アカデミーの「NNクラス」。NN=「何が何でも」合格する、という気合十分の特訓講座です。 

 早稲アカ生だけでなく、外部の受験生でも「オープン模試」に挑戦でき、同じ志望校を目指す受験生の中で限定的ながらも「立ち位置」が確認できます。順位と偏差値、現時点での合否判定は即日出ます。子どもがテストを受けている間、親御さんは別会場でNN担当講師から志望校攻略のヒントになるレクチャーを受けます。

NNなら 「順当も逆転も」 !?

 NNオープン模試の大きな特徴は、外部生を積極的に受け入れているところです。オープン模試は内部生のクラス分けに使われるだけでなく、成績優秀の外部生には、NNの参加権を与えています。テスト翌日、NN担当の講師から直に電話で「お誘い」が入ります。 

 熱心に、しかも子どもの可能性を説いてくれる先生の言葉は胸に響きます。「ほかにない合格メソッドがここにあります」「合格に必要な全てがそろいます」――。NNのパンフレットはとても魅力的です。受験生の親御さんなら一度はクラッとするでしょう。実際、他塾に通いながら、NNとの「ダブルスクール」で志望校に合格したという話は、一定数あります。

 多くの進学塾の冠講座が、過去問をベースにその学校の出題傾向をに対応できる力を養成するのに対し、NNは一歩踏み込んで「予想問題」にも取り組みます挑戦的な新作問題を並べ、本番での「的中」さえ狙っています。どんな問題が出題されても、「何が何でも」食らいついて解答を導き出すという、講師陣の熱意とテキストに引っ張られ、早稲アカ生は自信を持って入試本番に臨みます。 

スポンサーリンク

「Wスクール」は「覚悟」が必要

 一方でうまくいかなかったケースも少なくはないようです。実際どのクラスに組み入れられるかで、ある程度ですが結果は予測できます。1組なら合格圏(80%ライン)、2組なら(50%~70%)と有望圏ですが、3組目以降は学校によってはかなり合格率は下がり「数えるほど」「片手で余る」(NNクラス出身者)で、親御さんが夢見た逆転劇や奇跡はなかなか起こりません。 

 転塾や環境を変えて伸びた子もいるので、一概には言えませんが、現在通塾しているところとNNの「Wスクール」は「覚悟」が必要です。それにわざわざ慣れないアウェーの塾に身を預け、早稲アカ生と競争するのは結構度胸がいります。子どもによってはプレッシャーで、ペースが乱されるかもしれません。

 冠講座があるような難関校合格への近道は「やることを絞ること」です。あっちに手を出し、こっちに手を出しは「詰め」を誤まります。まとまりのない勉強になります。入試本番前に「戦える状態」になっていないのが一番怖いことです。

合格への道は慌てず、騒がず

 早稲アカで育ち、揉まれてきた生徒はNNで勝負するのが一番で、それ一択です。早稲アカで頑張ってきた子が、NNも流れに乗って合格へと突き進むのが本来の姿です。 外部生も魅力を感じると思いますが、「隣の芝生は青い」もので、早稲アカの雰囲気になじんでいない子は、最後まで違和感を感じながら…となる可能性が高いです。

 一瞬よく見えるのも仕方ありません。しかし、中学受験は親御さんの肝の据わり具合で、入試結果も大きく変わります。子どもの前で慌てず、騒がず。これが、合格への一本道を踏み外さないコツです(受験デザイナー・池ノ内潤) 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク