持ち偏差値「-10」の中学へ進学したら…

+16
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
置かれた場所で花を咲かせる
「強化指定選手」になるメリット
「勝負は6年後」の中学受験
・周りではなく独自の中学受験を

スポンサーリンク

置かれた場所で花を咲かせる

 中学受験の究極の目的は志望校合格を勝ち取ることです。できれば「第1志望に見事合格」というのが、最高の形です。しかし、第1志望に受かる割合は全体の3割弱。中には第2、第3志望も残念、ということも珍しくはありません。

 自分の本意ではない「まさか」の中学校への進学を余儀なくされることもあります。憧れの学校が忘れられず、新学期を迎えても気乗りしないまま制服を着ているかもしれません。ただ、中学受験は長い人生の中での途中経過。いつまでも未練を残して前に進めないより「置かれた場所で花を咲かせる」と切り替えた方が、充実した6年間を過ごすことができます。

「強化指定選手」になるメリット

 例えば、受験時の模試でマークしていた自分の持ち偏差値より「マイナス10」の中学校へ進学したとします。もしかしたら「特待生」での入学かもしれません。学費の面でも優遇されますが、特待生はその学校の「看板」でもあり、中高一貫校が生徒集めで一番力を入れる大学合格実績の「ポイント」を稼いでくれる「強化指定選手」として大きな期待をかけられます。

 難関大学に進む割合が高くない、中学受験でいう「中堅校」「一般校」(目安として首都圏模試で合格可能性80%が偏差値50以下の中学)では「強化指定選手」は学校を挙げて学習のバックアップをしてくれます。先生は個別指導にも力を入れてくれますし、難関大合格用のプログラムをカスタマイズして組むこともあります。まさに対象の生徒にとっては「面倒見のいい」「塾いらず」の学校です。

 「強化指定選手」の待遇は、一般の生徒のそれとは明らかに違います。大っぴらに学校側は口に出しませんが、入学すれば分かります。大学合格実績を気にする学校ほどその傾向は強いです。

スポンサーリンク

「勝負は6年後」の中学受験

 受験前の自分の持ち偏差値にとらわれず、偏差値相応の学校よりもランクを下げて「6年後が勝負」と照準を大学に定めている受験生も少数ですが存在します。中学受験で疲弊せず、「第1志望の開成がだめなら家から一番近い学校に進む」「徒歩、自転車で行ける学校」など、独自の基準で中学受験をするケースも見られます。

 例えば医学部のある大学への入学を狙うなどの目標がある場合、入学する中学校に医学部の推薦枠があれば、自分の持ち偏差値よりも低くても構いません。そこで成績優秀、学年トップクラスを走り続け、推薦で進学できるチャンスを比較的容易に得られます。学力的には入学時から余裕があるので、手を抜かなければ上位をキープできる可能性が高いでしょう。受験をするにしても、学校側のバックアップが期待できます。

 時々、中学受験時の偏差値がそれほど高くないのに、東大、京大や国公立医学部などに合格者を出すことがあります。入学後の「後伸び」の子もいますが、多くは入学当初から他の子と「ひと味違う」子です。

周りではなく独自の中学受験を

 目の前の偏差値ランキングの数字を気にしたり、知名度の高い中学校、進学実績に目が行きがちなのが中学受験です。そうではなく、家庭独自の価値観、独自の物差しでで進学先を選択することができれば、間違いなく「中学受験の勝者」です

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク