「暗記が苦手」のホントの理由

+11
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
入試には 「最低限の知識」 が必要
「幼い」と知識が増えない
決定的な「幼い」と「素直」の差
・「好奇心」のある子は暗記も強い

スポンサーリンク

入試には「最低限の知識」が必要

 中学受験は「暗記」しなければならないものも数えきれないほどあります。もちろん、暗記だけで突破できるほど甘いものではなく、意味もなくただ単に覚えるという概念で使う「暗記」では全く歯が立たないのが昨今の中学入試です。

 「暗記」とは、中学受験をするうえで最低限マスターしておくべき「知識」、と言い換えることもできます。最難関から中堅校くらいまで狙うのなら、これを知らないと入試で勝負にならないというもの、記憶して即答できなければいけないもの、これらが「最低限の知識」=「暗記」すべきものです。

「幼い」と知識が増えない

 理科社会を中心に、国語の漢字、慣用句、ことわざ、算数なら「3.14の掛け算」「平方数」(同じ数字同士の掛け算)など、覚えていれば問題を解く上で直接「武器」になる知識は、数限りなくあります。ただ、この知識の「洪水」に多くの受験生が溺れて、なかなか成績が上がりません。塾で馬に食わせるほど知識を与えられても、多くが消化不良のままに終わってしまいます

 なぜ消化不良になるのでしょうか。 「暗記が苦手な子」はやはり授業態度からして「消極的」です。あるいは精神的な成長がまだついて行ってない、つまり「幼い」部分があって学習内容を楽しめる段階になっていない場合も「知識」はなかなか増えません。難しくて「ついていけていない」、何を言っているか分からないので「興味がない」では、表面的に覚えようとしても、中身がよく分かっていないので、なかなか進みません。

 それでも時々耳に入る「用語」や何となく聞いていたら、意外と面白かった内容は覚えていたりします。なので、テストでいくらかは得点はできます。 親御さんは、我が子がきちんと勉強していない、復習が足りない、と思い「勉強しなさい」と言ってしまいます。しかし、授業中すでに消化不良なので、自力でどうしていいかわからず、強く言われたところで、どうやったらいいのか分からず、その場で足踏み(成績が停滞)してしまうのです。

スポンサーリンク

決定的な「幼い」と「素直」の差

 逆に 「暗記が得意な子」は授業参加に「積極的」プラス「素直」です。 に、素直な子は、授業から何かを学び取ろうという姿勢ができているので、知識として覚えておかなければならないことを次々と頭の中に「インプット」していきます。

 塾の授業中にある程度頭に入れてしまい、しかも授業の記憶が残っているうちに(早ければ帰宅後すぐ、翌日には必ず)復習する子が多いので「定着」しやすくなります。さらに、翌週の塾の確認テストで「アウトプット」し、「実戦」で使えるまでに磨きをかけます。

 「幼い」と「素直」の差は、「幼い」子は自分の理解を超えたことは「分からない、つまんない」で終わりですが、「素直」な子は「分からない、どうしてどうして?それからどうなるの?それで、それで」と、前に進みます。毎回の授業の中で、「好奇心」の差は大きいです。「それで、それで」とやっているうちに、先生はマメ知識や余談まで伝授してくれます。これが時によって「問題を解くヒント」につながることもよくあり、入試で何度か「ひらめき」を呼び「合格」をしぶとく勝ち取っていきます。。

「好奇心」のある子は暗記も強い

 記憶力の良さは多少あるにしても、受験に関しては「興味」のある、なしは暗記に強く影響します。また、 教えてもらっている先生の好き嫌いでも左右されます。特に女子はその傾向が強く、担当する先生によって得意不得意科目も大きく変わるほどです。

 それでも暗記力の一番の差は「好奇心」です。「新しいことを学ぶ」ということを楽しんで、今日はどんなことをやるのかな、とワクワクしながら塾に来る子と、親が言うから塾に「来てやっている」とでは差がついて当然です。中学受験は子どもの精神的な成長、気持ちの持ち方次第で勉強の進み具合、吸収度、表にあらわれる学力(成績)に大きな違いが出ます。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク