「ゼッタイ」と断言できる成績が上がらない子

+14
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「無関心」「他人事」の中学受験
・「幸せな子」が伸びない理由
第1志望合格の子と他の子の差
「意志あるところに道は通じる」

スポンサーリンク

「無関心」「他人事」の中学受験

 休まず塾に通っていても、成績が一向に上向かない子が一定数います。能力の問題なのか、勉強法がマズいのか、親御さんの悩みは深刻です。全てとは言いませんが、成績が低迷し続けている子の多くが中学受験に対して「無関心」「他人事」です。

 小テストの点数が上向いて喜ぶこともなければ、できない問題があって点数が悪くても悔しがることもありません。時間が来れば親御さんに促されながら嫌がらずに塾へ行きますが、積極的に授業に「参加」することもなく、静かに座っているだけ。志望校もこれといってなければ、中学に行ったら「こうしたい」というのも特になく…。この状態だと、いくら通塾したところで成績は上がりません。

「幸せな子」が伸びない理由

 中学受験はまだまだ精神的に未熟な子どもたちの受験です。「なぜ、こんな勉強をしなければならないのか」と常に疑問を持ちながら通塾し、何時間もあまり興味のない話を聞きながら座っている子がとても多いです。大人でも明確な「目標」がある人なんてそういないのに、子どもに「目標を持て!」というのも、無理があることは確かです。

 親御さんは「行く学校がなかったらどうするの!」などと脅しをかけたりもしますが、現実感が乏しい子どもにはピンときません。現状特に困ったことがない子や「幸せ」な子は、勉強で頑張る意味を見出せないのです。自分が頑張らなくても、この生活は続くと思っており、将来へ自分がどうなりたいかを考える必要がないからです。

 では、勉強に無関心、実感の乏しい子が「目の色を変えて」となるのはどういう瞬間でしょうか。「こうしたい」が自分の内側から芽生えたとき、現状への「飢餓感」(今置かれている立場や状態を変えて、違う世界へ飛び出したい)を感じたとき、の2つです。中学受験の場合は「飢餓感」からというのは少なく、多くが「こうしたいの芽生え」です。

スポンサーリンク

第1志望合格の子と他の子の差

 例えば、オープンスクールや文化祭を通じて(コロナ禍でここ2年全く機能しなかったのですが…)、子どもの中に何かピンとくる「中学校」が出現します。「あの中学校の運動会がやりたい」「高校も大学受験もしなくていい附属校に入って部活を目いっぱいやりたい」「文化祭が楽しそう。絶対参加したい」「勉強が面白い。一番てっぺんを制覇してやる」「あの制服が着たい」――。

 子どもは文化祭へ行ったり、オープンスクールでの先輩とのふれあい、体験授業で「楽しそう」と直感し、「この学校へ行きたい!」となります。ここまでは8割以上の子が抱く感覚です。そこから「覚悟」が決められるかどうか、いつ火が付くかが勝負。「合格するためには…」と覚悟して進める子は、そのうちの2~3割です。多くの子は「行きたいとは思うけど…」止まり。この差が「第1志望合格は3割程度」となって表れます。

 覚悟が決まり「こうしたい」と思って、勉強が頑張れる子と「思うだけ」の子の差は、「そこ(志望校)にいる自分がイメージできる」か「どこか他人事で、中学生の自分がイメージできない」の差です。覚悟を決めた子は、受験勉強に対して能動的で、難しい問題を苦しみぬいて解いては快感となり、分からないことを解決して爽快になる感覚を知っています。受験勉強が他人事の子は、どこまで行っても受け身。難しい問題を見ただけで考えもせずに遠ざけ、分からないことは放置します。その差は受験結果に正直に出ます。

「意志あるところに道は通じる」

 子どもの志望校への思いが強く、どうしても行きたいと願うのならどこの塾へ行こうが、多少苦手科目があろうが、何とか転がり込んでしまうのが中学受験です。「意志あるところに道は通じる」といいますが、まさにその通りです。

 もちろん「志望校への思い」だけではどうにもなりませんが、「志望校への思い」が志望校合格の「最後のひと押し」になるのもまた事実です。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク