勉強しても偏差値が上がらない3つの理由

+10
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「頑張り」を継続するには…
「現状維持」が意味するところ
・実は勉強になっていない
・やるべき課題の選択ミス

スポンサーリンク

「頑張り」を継続するには…

 偏差値は勉強をやればやっただけ「すぐに上がる」、というわけではないのが厄介です。もちろん、頑張った結果がすぐに数値で反映されることもあります。こういうケースは、子どもも素直に「次も頑張ろう」というシンプルかつベストな行動につながり、後は継続できるかどうかのステージに移ります。

 「頑張ったのに上がらない」は、子どもにとってショックはかなりのものです。通常、即結果が出ることは少ないので「いつか」を信じて頑張りを継続するしかないのですが、先が見えない努力は大人でも精神的にキツいものです。ただ、偏差値が急には上がらない理由が分かっていれば、しばらくは頑張れると思います。

「現状維持」が意味するところ

 偏差値が急に上がらない理由の1つは「周りも頑張っている」からです。偏差値は自分だけでなく、他の生徒との相対評価で出るものなので、頑張ったとしても周囲も頑張っていれば「今までと変わらない」「上がったけどわずか」「かえって落ちてしまった」ということが当たり前になります。

  特に学年が上がるほど、入試に近くなればなるほど「せっかく頑張ったのに…」という悲しい現実に直面します。しかし「現状維持」というのは実は頑張っている証拠。周囲もエンジンがかかった状態で模擬試験なり塾内テストを受験するわけですから、成績が落ちていないのは「踏ん張っている」と言えます。親御さんは「なんだ、今までと変わらないじゃない」ではなく「よく頑張ったね。力は付いているよ」と声をかげてあげてください。

 ただ、親御さんとしては「この頑張りを目に見える数字として出したい」というのが本音。残り2つの偏差値が上がらない理由を検証、改善、実戦で使えるようにすることで効果は割と早く出る可能性があります。

スポンサーリンク

実は勉強になっていない

 勉強しても偏差値が上がらない理由の2つ目は「実は勉強になっていない」という点が挙げられます。塾でノートをとり、家では宿題、家庭学習をしているのに成績が好転しないのは「形だけの勉強」で全く身についていないからです。

 塾で静かに授業を聞いていても、ノートやプリントに先生が板書したことを書いても、何をやっているのか「よく分からない状態」でいると思います。授業内容を理解していないため、先生が説明や解説していることはお経のように聞こえ、テキストは日本語で書かれていても外国語のように感じるでしょう。家庭学習でもできなかったところは答えを見て、ただの「書き写し」で終了。これを「勉強している」とする子どもは、驚くほどたくさんいます。

 改善策の第一歩として、「子ども先生」というアプローチの仕方があります。塾から帰ってきたら、10分程度で良いので、塾でやったことを子どもが先生役になり、親御さんが生徒役となって教えてもらいます。説明が終わるまで、違うところがあっても遮らず最後まで聞きます。その後に親御さんから質問です。この「復習」の仕方で、子どもはどう説明しようか考えるようになり、授業中は「ネタ探し」をするため、集中力が増します。親子で対話することによって、何が足りないかの気づきにもつながります。

やるべき課題の選択ミス

 勉強しても偏差値が上がらない理由の3つ目は 「やるべき課題の選択ミス」です。基礎問題、漢字の書き取り、理社の用語が完璧でないのに、今の自分の力以上の問題に取り組んで「手が止まってしまう」状態で勉強時間の大半を費やしている子も多いです。

 宿題だから、といって取り組みますが、基礎固めや自分の力が伴っていないのでは、前に進もうとしても進めません。「自分はできない」という劣等感にさいなまれ、ぼう然とするばかりです。ならば、逆に「できること」をまず徹底的に強化、テストでの「得点のベース(土台)」を築くことに専念します。宿題の中から自分ができるものを選んで、完璧にします。

 続けていると、必ず「できること」は広がりを見せます。難しい問題は、基礎基本が形を変えて出題されたからにすぎないからです。徐々に「できること」が増え、いつの間にか単発でポツポツできたことがつながり、回路に電流が流れるように、芋ずる式にか正解を導き出せるようになります。。

 とても遠回りのように見えるやり方です。「いつ偏差値が60になるの!」と怒鳴られそうです。それでも偉大な野球選手、イチローが言っているように「遠回りが一番の近道」です。できることの積み重ねという地道な努力で、景色は劇的に変わります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク