夏期講習「不参加」は「あり」なのか

+9
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
夏期講習前に漂う雰囲気
「原則参加」がベスト の理由
なぜ4,5年生の勉強が大切か
学年ではこの3点を抑える

スポンサーリンク

夏期講習前に漂う雰囲気

 あと1カ月もすれば小学校は夏休みに突入。中学受験界隈では「夏期講習」がスタートします。各塾によって期間はそれぞれですが、8月のお盆休みまで4日通塾して1日休みのサイクルを3,4回転し、お盆をはさんで後半戦、といったスタイルがオーソドックスです。

 どの塾も夏期講習は「必修」と位置付けられているのが普通です。しかし、夏期講習直前になると一定数「どうしても参加しなければならないのか」という問い合わせが、塾に寄せられます。学年それぞれで特有の理由があるのですが、雰囲気としては「参加するのが当然」という空気が漂っているのは否めません。

「原則参加」がベストの理由

 結論から言えば「原則参加」がベストです。特に4、5年生の場合は、夏期講習が通常授業の延長線上にあるのことが多いので、欠席すると2学期以降の学習に支障をきたす可能性がすこぶる高いからです。

 例えば、サピックスの4年の算数では14回ある算数の授業で、最初の2回に平面図形を扱います。4年生になってからは「初登場」です。後半にも4年ではこれも「初登場」の立体図形の授業が3回あります。「場合の数」は夏期講習前、既に2回授業がありますが、夏期講習ではその復習プラスさらに内容を発展させて先へと進みます。

 5年生で1年かけて歴史を学ぶグノーブルでは、夏期講習の8回の授業で「戦国大名と南蛮貿易」から「江戸幕府のゆらぎ」までを取り上げます。入試問題頻出の豊臣秀吉の時代や江戸時代のほぼ全般を「欠席」してしまうのは致命的です。四谷大塚の算数では序盤から、受験算数の1つのヤマである「比」の問題を重点的に取り扱います。ここで遅れると、入試での算数はかなり苦戦します。

スポンサーリンク

なぜ4,5年生の勉強が大切か

 4,5年生の親御さんの中には「6年生になれば追い込みで遊べないのだから、せめて4,5年生の夏はのびのびとさせたい」と考えているかもしれません。息抜き、大いに結構です。コロナによる規制は22年夏、かなり緩和されるでしょうし、海やプールに行くもよし、おじいちゃんおばあちゃんのところへ遊びに行くのもありです。しかし、「夏期講習を休んでまで」というのは、中学受験を甘く見ています

 中学受験の「勝負どころ」は6年の秋から冬ですが、実は4,5年生の過ごし方で「大勢」は決まると言っても過言ではありません。4年生では、量はともかく夏休みでも「毎日勉強する」という「勉強習慣」を確立します。遊びに行っても、帰ってきたら、あるいは行く前に漢字でも計算でも、何か必ず取り組んで「例外の日」をつくらないようにします。5,6年生で安易な理由をつけて勉強を休まないようにするためです。

 5年生は「中だるみ」になりがちですが、5年生でやる内容こそ入試問題を解く上での基礎になります。ここで基礎固めをするからこそ、6年になって実戦問題演習をバリバリ解き進められるようになり、夏から秋にかけて志望校の過去問に挑むことができ、さらに力を付けて合格点を取れるようになるのです。6年の夏以降、馬力がない受験生は「疲れた」のではなく、明らかに5年生でサボっていた子です。

低学年ではこの3点を抑える

 低学年のうちの夏期講習は、親御さんの判断にお任せです。時間数も少ないので、学習効果については、それほどはありません。中学受験では「先取り」もあまり意味はありません。ただ「漢字が学年相応に書けていること」、「国語の教科書(塾のテキスト)の音読が正確にできること」、「計算が早さよりも正確にできていること」を親御さんはチェックしてください。4年生以降の勉強がスムーズに進むかどうかのバロメーターがこの3点です。

 加えて4年生から中学受験本格参戦となる前に「本当にこの塾でいいのか」と検証するチャンスでもあります。他塾の夏期講習に参加して、4年生からの「主戦場」になる塾選びの時間にするのも手です。進学実績や評判だけで塾を決めるより、「我が子にフィットするか、どうか」がポイントになります。親子とも先生に質問しやすいか、知っている子が多くて勉強にならないなどの「勉強環境」も含めて塾選びは、成功する可能性は高くなります。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク