中学受験で伸びる子は「一歩踏み込む」

+16
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
強い子は「一歩踏み込む子」
平均点超えない「結果オーライ」
勝者と敗者の「言い訳」の差
・性格の良さ、素直さと成績の伸び

スポンサーリンク

強い子は「一歩踏み込む子」

 未熟ながらも自分で思考し、自分なりの解答を出す、あるいは考えられるところまで自力で考える。別の言い方をすると、取り組む問題に対して「一歩踏み込む」中学受験でこういう生徒は「強い」です。受験に「強い」子の勉強の進め方は、常に「どうしてそうなるのか」「そうなるまでの道筋」を大切にします。

 問題演習をしても「〇が付いたからおしまい」ではありません。国語の読解の選択肢、たまたま「当たった」場合は、解説と素材文とを照らし合わせて解答の根拠を明らかにします。社会の正誤問題、あやふやな中で“エイ、ヤー”と選んだ答えで正解になっても、必ず解説をチェックするか、塾の先生の解説を仰ぎます。 答え以外の選択肢もきちっと分析する子は、さらに一段上の成績、偏差値をキープできる子になります。

 なぜなら、次に同様の問題や考え方の方向性が同じ問題にぶつかったときに、確実に仕留めるためです。この勉強法、手間も時間もかかりますが、4,5年生から「勉強習慣」として付けておくと「勉強体力」はもとより「勉強筋肉」まで増強され、受験本番で傾向を変えられたり、問題の難易度が上がってもしぶとく勝ち上がります。その場で考える、というのが自然と身に付いているからです。

平均点超えない「結果オーライ」

 逆に受験に「弱い」子は、総じて「結果オーライ」の子です。模試や塾内テストで「ヤマカンやったら当たった!ラッキー!」「おお、国語の記述テキトーに書いたら△で5点も入ったわ。おいしいわ」――。これで終わりの子です。社会や理科を「暗記もの」と位置づけし、ひたすら一問一答をやって「勉強した」と口にします。自分の現状で理解できないものはスルー。勉強のスタイルが極めて単純で、一歩踏み込むことなんか思いもよりません。 

 それでも受験者平均点くらいは獲れるでしょう。しかし、踏み込んだ勉強をしていないため、平均以上の壁は越えられないままです。理社は「なぜ、そうなるか」と一歩踏み込めば、入試で受験者平均65点レベルの問題で、85点や90点以上獲ることができます。

スポンサーリンク

 これは算数の問題4、5問正解したのと同じことです。かなりのアドバンテージになるにもかかわらず、そこまで思考が及ばないため、いつまでも「暗記もの」の域を出ません。なので、試験で出題形式を変えられたり、角度を変えて出されたりすると、たちまちお手上げ。試験に「弱い」子のままです。

勝者と敗者の「言い訳」の差

 昨年TBSテレビで放映された「ドラゴン桜」の第8話でこんなシーンがありました。英語のmustとhave toについて、東大専科の男子生徒が前に出て説明すると間違いを指摘されます。その後、桜木先生は、なぜ間違ったのかの理由をくどいほどその生徒に質問します。生徒は面倒になって「そんな言い訳みたいなことして何の意味があるんだよ」と苛立ちます。そこで桜木先生はすかさず言います。 

 「その言い訳が大事なんだ。逆にミスしたときに言い訳しない受験生は伸びない。言い訳には2種類ある。勝者の言い訳と敗者の言い訳だ。敗者はよく考えもせず、たまたま間違っただけだと言って片づけたり、人のせいにする。自分は悪くなかったと思うようにする。それに対して、勝者はミスした状況を深く自己分析し、改善できる方法を徹底的に考え、次にいかす

 中学受験も大学受験もこの点においては一緒です。自己分析し、改善方法を徹底的に考える=「一歩踏み込む」勉強を継続してきたかどうか、その差が偏差値の差です。入試での合不合格の差です 

性格の良さ、素直さと成績の伸び

 塾の授業や家庭学習でも「そっか!」「なるほど!」と、勉強をしていて反応の良い子がいます。受験で「性格の良さ」「素直さ」は伸びる大事な要素です。学んだことをストレートに吸収しやすい「土壌」が備わっているからです。 

 加えて、吸収したことをベースにして「自分で考え、自分で判断する」ことができるかどうかが、次のステップになります。 それができるのが進学塾の上位クラスに在籍する子です。進学塾で伸びを見せる子は、早熟やもともと地頭が良い大人びている子より「性格が良い」「素直」な子です。1つでも上のクラスにいることの意味は、親御さんの見栄や満足のためではなく、そういう子に「触発される」という効果も期待できるから、という面もあります。(受験デザイナー・池ノ内潤) 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク