苦手の国語 ここから攻める記述&選択肢問題

+8
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
目立つ解答欄「真っ白」のまま
記述はパズルを埋めるように
選択肢は当たり、ハズれの世界?
・正解には「理由あり」を実感する

スポンサーリンク

目立つ解答欄「真っ白」のまま

「国語が苦手」という子どもたちの一番の悩みは「記述問題」でしょう。記述問題を「得意!」と胸を張る子は、そういません。

本文からの「抜き書き」ならまだしも、100字前後で問いに沿った解答を書かなければならない、というのは小学生には(大人でも)至難です。

苦手な子の多くは、書くことすら手つかず、解答欄は「真っ白」のまま、というケースが目立ちます。

記述はパズルを埋めるように

克服にはある程度の時間がかかります。いきなり満点ではなく、まずは「部分点をとる」ことを目標に、解答の精度を上げていきます。

どう書いたら良いのか見当もつかない、という場合は、その子が書きやすいところから始めます

スポンサーリンク

例えば、理由を問う問題で文末を「~だから。」で締めると分かっているのなら、「~」の部分を考えます。「知られたくなかったから」というのがその子の答えだったら、それをまず書いておきます。

次に「どうして知られたくなかったのかな」、さらに「誰が」「何を」「知られたくなかったのか」と、パズルを完成させていくように隙間を埋めていきます

最初は親御さんが解答の「骨格」を用意し、一部を空欄にし、一部の解答をあらかじめ書いておいて穴埋め形式で慣れていくのも手です。

要は「恐れずに書くこと」と「筋道を立てて考えること」の習慣付けです。

最初のころは思うようにいかないかもしれません。それでも粘り強く訓練を少しずつ積み重ねていけば、「真っ白の解答欄」問題は解消されます。「ピントのズレ」も少ない記述ができるようになります。

部分点を2点、3点、半分、10点満点で7点くらいとれるようになると、苦手意識は消え、逆に果敢に記述にトライするようになります。

記述は国語だけでなく、入試全体の命運を握っています。ここを避けて通ろうとすると、入試ではかなり不利になります。覚悟を決めて取り組みます。

選択肢は当たり、ハズれの世界?

選択肢問題は「どれも正解に見える」というのが、子どもたちからよく聞く「悩み」です。4つの選択肢の中から1つの正解を選ぶ場合、明確な根拠をもって答えを導き出している子は実は少ないです。

選択肢を2つくらいまでには絞れても最後は「勘」で、「エイ、ヤー」で解答を出していることが多いのです。子どもたちは、選択肢問題に正解すると「当たった!」、間違えると「ハズれた…」という表現をするのがその証拠の1つです。

国語の出来を安定させるためにも、選択肢問題に取り組む際、「正解の根拠となるもの」を見つけることを意識することを習慣化します。

正解には「理由あり」を実感する

通常授業の練習問題、模試や塾内テストだと、素材文が長く、「読む」ので手一杯、という子も多いです。なので、比較的文章が短い、塾のサブ教材の問題集などを使って練習するのも手です。難易度も基礎・標準のものが大半で、取り組みやすいです。

長時間やるより、短い時間(少ない問題数)で毎日やるのがポイント。問題の正誤を気にするより、素材文と照らし合わせて解答を導く、「勘」に頼らず、根拠をもって正答を導き出す、という姿勢を徹底します。

1つの選択肢を3つから4つの「パーツ」に分け、「ここが素材文と違う」「ここが同じ」「使っている言葉は違うけど、同じことを言っている」「同じ言葉だけど、内容は違う」などと、「○」や「×」「△(素材文の内容からは判断できない)」などの記号をつけながら検討します。

最初はやや時間がかかっても構いません。素材文をきちんと読み(音読はなお良し)、正解には必ず「理由がある」ということを実感すれば、ゲーム感覚で読解に取り組めるようになります。

勉強が「ゲーム感覚」になると、スピードは上がり、やる量も増えます。国語の成績は劇的に変わってきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク