中学受験「自走」できる子の落とし穴

+9
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「自走」できる子は完璧か?
「手のかからない子」2勝4敗
・ 不合格から学ぶ3つの教訓
効き目あり 第3者を巻き込む

スポンサーリンク

「自走」できる子は完璧か?

中学受験は「精神的に大人の子」が有利といわれます。

正確なデータがあるわけではありませんが、その比率は女子の方が圧倒的に多いでしょう。男の子は通塾の用意をするのも、教材管理も母親頼み、という子も珍しくありません。

女の子の中には家庭学習も親の手を借りず、教材管理も自分でするという受験生の模範のような子がいる、という話はよく聞きます。いわゆる中学受験を「自走」できる子です。

しかし、そこはまだ12歳。完璧ではありません

「手のかからない子」2勝4敗

6年9月からのサピックスオープン4回の平均偏差値が63だった女子の話です。第1志望は渋谷教育学園幕張でしたが、1月からの受験結果は2勝4敗。熱望していた「シブマク」は2回の試験とも通りませんでした。

スポンサーリンク

合格したのは1月の「前受け」栄東Aと渋幕不合格後、 2月4日以降に急きょ受験した、学校説明会にも足を運んだことのない中学校でした。

自分の勉強部屋に入って熱心に机に向かう娘に、親御さんは口出ししたことはほとんどありませんでした。テキスト管理も通塾の用意も、すべて一人でできる「手のかからない子」。塾での面談でも弱点は指摘されましたが、日ごろの勉強態度から「うちの子は大丈夫」と確信していました。

「国語の記述、算数の図形、物理系は苦手」。本人に自覚はありました。模試である程度の偏差値を取っていましたが、たまたま得意な分野が出題されたり、正解した問題も「自信をもって」というより、「何となくこういう感じ」で切り抜けてきたのが実態でした。

「いつかは苦手克服」という気持ちはありました。しかし「できないことが怖い」という思いが強く、「見て見ぬふり」で割と得意な分野を学習、自信を失わないように直前期を過ごしました

塾の先生に質問しようと何度も思いました。今日こそは、と強い思いで塾へ行きますが、授業が終わるといつも「せんせー、せんせー、しつもーん」と元気のいい男の子を見ると「なんか格好悪い」と逃げる口実をつくっては、仲良しの子と帰宅の途についていました。

不合格から学ぶ3つの教訓

子の女子の受験から学べる教訓は3つあります。

苦手は逃げずに1つ1つ潰しておく→逃げても問題は解決しない。正面から向き合う勇気を持つ。

受験プランはあらゆるケースを考え、第1志望試験前に複数の合格を勝ち取り自信をつけておく→実戦経験と合格体験が精神的余裕を導き、第1志望合格につながる。

③親は勉強まで教えなくてもよいが、子どもの学習状況、精神状態がどうなっているかを把握する→必要に応じて、先生との橋渡しをする。

効き目あり 第3者を巻き込む

しっかりしているように見える子でもまだ12歳。自分の苦手に正面から向き合うことは難しいです。

6年生の後半、表面的には「あなたにお任せ」としておいても、そこはよく観察して「ここは」という時は、言わなければなりません

子どもは反発するかもしれませんが、そこは塾の先生も巻き込む作戦をとります。第三者の大人から指摘されれば、大抵の子どもに「効き目」があります

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク