偏差値UP、志望校合格の肝は「におい」

+9
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「解く順番」で偏差値に差が出る
正答率20%以下の問題はスルー
・「横断」で「嗅覚」を鍛える
・「合格ルート」1本だけじゃない

スポンサーリンク

「解く順番」で偏差値に差が出る

算数の偏差値が得点が60台の子と50前後で足踏みしている子の差として、問題に対する「嗅覚(きゅうかく)」の差があります。

模試などで問題冊子を開くと、多くの生徒が大問1から取りかかります。一方で偏差値の高い子、効率よく得点を積み重ねる子は、冊子をペラペラめくり、30秒から1分で「解き進める順番」を大まかにかぎ分け、自分にとってやりやすい問題から始めます

デキる子は「軌道修正」の決断も素早いです。一度解く順番を決めても、解いている最中に、自分が立てた方針がしっくりこない、意外と厄介という「におい」がした場合、勇気をもって「一時撤退」します。

「時間切れ」によって、「できる問題」が手つかずのまま終わること、焦って誤答することが「もったいない」と分かっているので、戦略的に後回しにするのです。

確実に得点できるものを素早く解き、面倒な問題に腰を据えて取り組むのと、漫然と出題順に解いて、難しいところで立ち止まっては、ウーウーうなって時間を消費するのとでは、同じ試験時間でも結果に差が出るのは当然です。

スポンサーリンク

正答率20%以下の問題はスルー

公開模試を受ける意味は自分の現状の偏差値を知ることや志望校判定以上に「問題の解き直し」にあります。

間違えた問題はもちろん、正解した問題も解説をたどりつつ、自分の解答への「道筋」が正しかったのか、たまたま正解したのかを確認すると、「合格力」は倍増するくらいの効果があります。模試の問題は、各進学塾の先生が「今、受験生が触れておきたい問題」を練りに練って出題してくるからです。

その一方で、練り過ぎてしまって「?」が付く出題も少なくないのが現状です。その見分けは親御さんではなかなか難しいのですが、模試の正答率が20%を切ったら、解き直しはスルーして構いません

この辺りが出来なくても入試本番では大勢に影響はありません。基本問題を落とさなければ、偏差値60台に到達します。確実に基本問題を仕留められれば、十分合格点に達します。基本問題を落とす上に、問題を解く順番がまずいので、偏差値もなかなか上がらなければ、志望校にも合格しないのです。

「横断」で「嗅覚」を鍛える

算数は模試だけでなく、実際の入試問題で鍛えるのも「合格力」を上げるのには効果的です。

自身が受ける志望校とは別の入試問題を「横断」して解くのも結構力が付きます。日能研系のみくに出版発行の「中学入学試験問題集」、通称「銀本」や過去問集の古本を複数使ってみるのも良いでしょう。

大問1だけを「横断」して解いていくとか、図形問題のみを引っ張り出してやってみるとか、最後の大問ばかりをピックアップするなどやり方はいろいろです。

問題を「横断」して解くことによって、「結構同じような問題がでるんだなぁ」とか「問い方は違っているけど、これはあの問題と同じ考え方だな」とか、「嗅覚」が鍛えられます。

「解法を覚える」というのではありません。問題の「におい」をかぎ分けることで、素早く正解を出すための道筋を見通すことができます。解答への方針が早く立てられれば、問題数を多く、余裕をもって解けます。合格へ近づくということです。

「合格ルート」1本だけじゃない

志望校の傾向に絞った勉強、というのも合格を勝ち取る有力な「ルート」ですが、さまざまな問題に触れ解くための「引き出し」を多くしていると、受験校の傾向、問題のパターンが変えられた場合でも対応できます。

これも「合格力」。合格への「ルート」は1本だけではありません

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク