「早い入塾」は中学受験で有利なのか?

+9
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
半分当たりで半分違う
早期入塾が裏目に出る通塾とは…
中受は「鍛錬千日 勝負一瞬」
・塾「漫遊」で「相性」を見極める

スポンサーリンク

半分当たりで半分違う

中学受験の最近の流れとして顕著なのが「通塾開始の低年齢化」です。

東京23区内の一部では、新3年生でも満員で入塾テストすら受けられない塾があるほどです。極端な場合は小学校入学と同時に入塾、というケースもあります。親御さんの強い意向が働いており、物理的に入塾できなくなる前に、まずは「座席確保」という気持ちがはっきり見て取れます。

中学受験はスタートが早ければ早いほど有利、というのは「半分当たりで半分は違う」といえます。 

早期入塾が裏目に出る通塾とは…

「先行逃げ切り」が中学受験成功の王道です。スタートが早く、加えて「勉強習慣」が身に付き、ペースをつかんだとすれば、早期の進学塾入塾の判断は「当たり」といえます。 

しかし、入塾したことでホッとし、後は「合格実績抜群の塾が難関校へ導いてくれる」と考えて、家でろくに復習もせず、小テストをおろそかにし、「積み残し」だらけになると、3年後、4年後に「こんなはずじゃなかった」という結末を迎える可能性はすこぶる高くなります。 早期入塾が裏目になる場合です。

スポンサーリンク

最初は質量ともそれほどでもなく、週1回程度の通塾は負担にもならず、ちょっと賢い子なら大して復習をしなくても「できる」子でいられます。それも4年生中盤以降は様相が違ってきます。

4年生参入でも「勉強習慣」と「勉強体力」を着実に付けてきた子が夏休み以降にグッと成績を上げて、いとも簡単に抜かれてしまいます。そこで気が付けば挽回は十分可能ですが、「現状維持」のままの勉強スタイルだと、差は広がるばかりです。

 結局、終わってみれば、当初考えていた志望校には全くと言っていいほど届かず、早くから時間と費用をつぎ込んだのに「コスパの悪い」受験になってしまいます。 

中受は「鍛錬千日 勝負一瞬」

進学塾への入塾が早いと「先取り学習」ができて「受験に有利」とみている親御さんも少なくありません。

小学校の授業よりははるかに高度な内容に取り組んでますし、本格的な受験勉強の前にベースとなる考え方、知識、勉強の進め方に触れるため、ある意味先取り学習かもしれません。 

しかし、中学受験はカリキュラムをひたすら前に進めることを考えるより「着実に復習し、自力で再現できるようになること」の方が大切です。

中学受験とは学んだことを「どうしてそうなるのか」の道筋を説明でき、テストで「正解」あるいは「設問に沿った考え方」を文字や数字にしてきっちりアウトプットできるかどうかの勝負です。

しかも難問ができる必要はなく、基本、標準問題を正確に解ければ合格点に達するようにできています。入塾から入試本番直前まで、地道な積み重ねの成果が各中学校の入学試験で問われます。まさに「鍛錬千日 勝負一瞬」です。

塾「漫遊」で「相性」を見極める

中学受験は「いつ塾に入るか」より「どこの塾を選ぶか」がカギになります。早々に入塾先を決めるより、できれば3年生までは(4年生でも可)、さまざまな塾を「漫遊」する時期かもしれません。

合格実績抜群の大手進学塾から、面倒見がいいと言われている塾、少人数、個別塾、個人経営の塾など体験授業や季節講習に参加するなどしながら、親子で塾をそれぞれ吟味します。塾の知名度、合格実績以上に、それぞれ「相性」を感じると思います。塾選びではこれが「生命線」です

「相性」は目に見えるものではないので、確たる基準はないのですが、感覚的に2つのチェックポイントがあります。1つは「この塾なら(先生なら)自分もクラスの輪の中に入って勉強ができそうだな」と子どもが感じられるかどうか。もう1つは「子どもも親も質問がしやすい環境(先生が積極的に疑問や相談を受け付けてくれる)かどうか」です。

長い受験勉強で、この2点は合格実績よりも知名度よりも重要になってきます。多少勉強の進みが先行したからといって、3,4年生では大したアドバンテージにはなりません。

それより6年冬、受験本番まで「ここなら」と思える塾選びを1年近くかけて取り組んでみてください。親子で「相性のいい塾」を見つけ、その良さを生かせたのなら受験は半ば成功したも同然です。 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク