ここが分岐点 5年生秋「算数が厳しくなる子」

+14
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
算数「復活」に時間がかかる理由
5年秋が総点検の最大のチャンス
鍵は「どこまで」と「どこから」
・分岐点の秋 親御さんの役割

スポンサーリンク

算数「復活」に時間がかかる理由

通っている塾によってもばらつきはありますが、5年生の秋までに算数は主要単元の基本をほぼ終え、それを発展させ、一段高いレベルに突入します。

今まで「なんとなく」ついていっていた子が、急に「難しい!」と感じるようになり、ズルズルと偏差値が下降線をたどる生徒が出てきます。 それが5年生の秋です。

算数の場合、成績が下がりだす出すと、再度浮上すめのは他教科に比べて時間がかかります。

目の前にある「難しいと感じている問題」は、その問題自体が分からないというより、その問題を解くための前段階、前々段階の部分が理解できていないのが原因であることがほとんどです。前へ進むためにも、大きく「後戻り」しなければならず、そのために時間がかかるのです。

5年秋が総点検の最大のチャンス

これまでの振り返りをする時間が長く取れるのは、5年生の秋から6年生にかけての時期です。6年生になると比重は実戦演習に移るので「もう一度基礎から」を塾に期待するのは難しい話です。

スポンサーリンク

基礎がおぼつかないまま、夏期講習、志望校別特訓と進み、過去問演習に挑むとなると、そのころにはすっかり算数の自信を失っています。中学受験のメインである算数での見通しが暗いまま合格を目指すという、メンタル的にかなりしんどい状態で入試本番を迎えるのは避けたいところです。 

そうならないためにも塾で今現在やっている単元に付いていきつつ、家庭での勉強は4年生の単元からの「さかのぼり学習」の時間を定期的に割くことを意識します。

くどいようですが、「5年秋」という時期を逃すと、時間をつくるのが難しくなります。5年秋は算数総点検と、この先の勉強をスムーズに進めるための最大のチャンスです。 

鍵は「どこまで」と「どこから」

多くの塾では1度取り扱った単元を「スパイラル(らせん)式」で何度か勉強します。ただ復習というより、回を重ねるごとに、前回よりも「進化した」内容に挑みます。そのベースとなるのが前回、前々回に学んだものです。

例えば算数の「点の移動」や「水量グラフ」など量の変化についての単元でつまずいているとします。すると、その分野にアプローチするための基礎となる「旅人算」が分かっているかどうかをもう一度確認します。

すると実は「水量グラフ」で引っかかっていたのは、「旅人算」の理解が不十分だったから、ということが判明したりします。 さらに「旅人算」がよく分かっていないということになれば、4年生で学ぶ「速さ」も怪しいのでは…とさかのぼっていきます。

確認すべきは「どこまでが分かって、どこからが分からなくなっているのか」です。ここをはっきりさせるのが「さかのぼり学習」の肝。「どこまで」と「どこから」を意識することで、家庭学習でやりがちで、効果が出ない「目の前の間違った問題だけやる」という復習の仕方を避けることができます

分岐点の秋 親御さんの役割

ただ、算数を苦手にしている子が、独りでさかのぼって復習ができるかと言えば疑問です。子どもも内心は「復習しなきゃなぁ」と思いつつも、どこから手を付けていいのか分からないというのが実際のところです。そういう時こそ親御さんの出番です。 

親御さんからこれまでやった内容を復習したい旨を塾の先生に伝えてください。具体的に「平面図形の分野を」とか「割合と比のところを」など指定してもらえばなおよしですが、分からなければ塾の先生と相談の上何をやるかを決めます。

「そこまでやるのは図々しいのでは」と腰が引けている場合ではありません。踏み込まず放置すると、1年後には「手遅れ」になります。5年秋は算数の「分岐点」です。 

親御さん自ら教えても構いませんが、ポイントは「わが子であることを忘れること」です。自分の子なのでつい熱が入るのは分かりますが、客観的に「この少年少女の算数の成績を上げる」という仕事を請け負った、という心づもりで臨んでください。 

「どうして分からないの!」「何度言ったら分かるの!」…つい自分の子どもに行ってしまう「禁句」は、余計勉強嫌いにさせてしまいます。

中学受験で親御さんは子どもに付かず離れず「伴走者」「観察者」であることが求められます。特に算数はこまめに調整しないと、すぐに迷路に入ってしまいます。子どもの学習状況を把握し、必要なアシストを、必要なタイミングでできるかどうか。親御さんの役割は重要です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク