知らないとマズい―社会の「採点基準」は厳格

+10
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
第1志望合格の近道は理社にあり
社会解答は漢字が「暗黙の了解」
「豊とみ秀吉」は〇か✖か
・1点くらい…が「命取り」

スポンサーリンク

第1志望合格の近道は理社にあり

4教科受験の場合、理科や社会の得点のウエートはそう高くありません。均等配点(4教科とも100点満点ずつなど)の中学は少数派で、国語、算数の6割や半分などの傾斜配点の学校が多いです。

そのため、入試といえば国算重視という見方が強いのですが、第1志望校合格勝ち取る子の「典型的」なパターンの1つとして「理社が安定している」というのが挙げられます。

「やってみなければ分からない」要素が強い国語、算数に比べ、余程傾向が変わらない限り理社は入試で「実力通り」の点数になります。理社が強いと、国算の「想定外の失点」をカバーして、さらに「おつり」(さらなる得点上乗せ)が出る場合もありますきます。理社が強いと「身を助ける」のです。

社会解答は漢字が「暗黙の了解」

入試社会の採点基準で一番気になるのが、「解答は漢字で書くべきかどうか」です。多くの進学塾では、テキストに漢字表記されているものは漢字で解答する、と指導しています。塾内の模試でも「漢字で答えなさい」という設問に、1文字でもひらがなが入ったら✖となり「無得点」です。

日能研系の出版社「みくに出版」が発行している「進学レーダー」11月号には、140校にアンケートを取った各教科の採点基準が掲載されています。社会では「人名、地名、出来事などの解答に漢字指定をしたか」の質問に、「指定しなかった」のはわずか5.3%。「すべての問題で指定した」37.9%、「一部の問題で指定した」56.8%で約95%を占めました。

スポンサーリンク

「指定しなかった」場合は、ひらがなでも正解なのでしょうか。「指定しなくても漢字で書けるものは漢字で」(白百合学園)、問題分に指定はしていないが「語句で解答するものはすべて漢字」(獨協埼玉)というスタンスの中学ばかりです。

漢字指定はもちろん、指定されていなくても「社会は基本漢字で解答」が「暗黙の了解」です。「学校で習っていないから」という言い訳は、中学入試では通用しません。

「豊とみ秀吉」は〇か✖か

子どもにとって解答の漢字指定は実は結構プレッシャーがかかります。答えが「とよとみひでよし」と分かっていながら「豊臣秀吉」ときっちり書けなければ得点にならないからです。

「豊“富”秀吉」など、漢字指定の問題で一部漢字が間違っていた場合、83.5%の中学が「不正解」になります。「減点」は8.2%で「配点1点なら✖」(十文字)、「論述の場合のみ減点」(淑徳与野)など、一問一答形式で漢字のミスをしてしまうと、分かっていてもその部分は「0点」となると思っていた方が誤解がありません。

「豊とみ秀吉」と一部をひらがなやカタカナで書いた場合は、80.2%が「不正解」で、9.9%が「減点」。「教科書に漢字で書かれているものは漢字で書く」(大妻多摩)というのが、多くの中学の方針です。

「漢字指定なしの問題で、漢字が間違っていた場合」は考え方が分かれました。「不正解」は38.7%で、「減点」は24%、「減点しなかった」は18.7%という回答でした。漢字が原則の社会の解答形式で、分からない、自信のない漢字をひらかななどで「逃げて」うまく切り抜けられるかどうかは、中学校の考え方次第。学校説明会の際に、質問したい1つの項目です。

1点くらい…が「命取り」

社会の小問の配点は記述を除いて大半が1点、2点です。漢字のミスなどで1点くらい失っても、算数で一気に5点とか、国語の記述で大量点――、という考えの受験生や親御さんもいます。しかし、入試はこの1点ずつの積み重ねがものを言います。

社会の受験者平均と合格者平均は5点と変わらないことが多く、多くは6割から7割の得点です。出題内容、問題の難易度から見て、まだ10点は上乗せできるはずです。社会で10点プラスは、算数の2問分の得点になります。算数は一朝一夕に得点増とはなりませんが、社会は地道な積み重ねでそれが可能です。

「社会は追い込みがきく」とは受験の世界で昭和のころから言われている言葉です漢字です。これは1からやっても間に合う、というのではなく「細かい点を見直せば、得点力がアップしやすい」というのが本当の意味です。

中学受験で言えば、それが「漢字での解答」でしょう。これまでの小テスト、模試を見直して書けていないもの、自信のないものは書けるようにしておきます。どこかの入試で「やってて良かった」という場面が必ず訪れます。「漢字で答えなさい」の1問に正解するかどうかで合否が決まります

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク