その失点が命取り「間違えやすい」社会の漢字

+10
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「間違えやすい」を今から意識
漢字を間違えやすい人物6人
12歳の「珍解答」も笑った後は…
・書くだけでなく「変化球」もあり

スポンサーリンク

「間違えやすい」を今から意識

中学入試の社会の解答は「漢字必須」であることは前述の通りですが、12歳の受験生はどこかで必ずと言っていいほど「書き間違え」をします。あるいは「間違えて覚えている」ケースも目立ちます

間違えのパターンは子どもによって十人十色、千差万別なのですが「代表格」的なものはあります。前もって知っておくこと、注意するポイントを把握しておくことで、失点を防ぐことができます。

入試は1点差、2点差で「命取り」になります。入試本番はもとより、大詰めの模試や塾内テストから「間違えやすい社会の漢字」を意識しておきます。

漢字を間違えやすい人物6人

地理・歴史・公民の3分野で、一番漢字で苦しむのが歴史です。人物名、歴史用語とも間違えやすいものが目白押しです。人物名では6人が「要注意」です。

遣唐使で中国に渡り、帰国せずに生涯を終えた「阿倍仲麻呂」の「あべ」を「阿部」「安倍」と書きがちです。「安倍」は亡くなった安倍晋三元首相です。遣唐使絡みでは廃止を天皇に進言した原道真」も注意。原道真」というミスは模試でもよくみられます。

スポンサーリンク

「道」の字をめぐっても、間違えがちな人物が2人います。平安時代に摂関政治を行い、宇治平等院鳳凰堂を建てた「藤原頼通」と、明治維新で活躍した薩摩藩出身の「大久保利通」です。2人とも名前の最後は「みち」と読みますが、漢字は「道」ではなく「通」です。「すがわらみちざね」の「みち」は「道」、藤原、大久保は「通」。これも入試頻出なので気を付けます。

2024年にお札の人物が一新するのに絡み、1万円札の人物関連もよく問われます。現1万円札の肖像「福沢諭吉」の「ゆ」は「論」「輸」の間違えが、ほぼ3分の1ずつというくらいミスが目立ちます。新1万円札の「北里柴三郎」の「しば」も「紫」となりがちです。

入試では「狙って」出題されます。そういう注意深さ、落ち着きも中学校側は「入学してほしい人物像」として試験を通して見ているのです。

歴史用語では、×「区分田」→〇「口分田」、 ×「大閣検地」→〇「太閤検地」、 ×「倉屋敷」→〇「蔵屋敷」、 ×「堅穴住居」→〇「竪穴住居」、 ×「一挑」→〇「一揆」、などが要注意です。

入試によく出る「岩倉使節団」の写真。右端が大久保利通。中央の岩倉具視も「視」を「見」と間違えやすい漢字

12歳の「珍解答」も笑った後は…

公民分野も間違えやすい用語ばかりです。社会が得意な子でも時々やらかします。国語の漢字の書き取りにも「使える」ので、実際に書いて練習します。

一番多いのが×「判所」→〇「判所」です。裁判という言葉が入るものでもう1つ間違えやすいのが、裁判官を辞めさせるかどうか判断する〇「弾裁判所」。これは✖「弾裁判所」と書いてしまう受験生がとても多いです。

政治系の用語で間違いが目立つのが、×「議内閣制」〇「議内閣制」が正解です。経済系では、国の借金の〇「国」を×「国、税金の1つ〇間接税」を×「関節税」とやりがちです。

×「参勤降参」→〇「参勤交代」、 ×「交際紛争」→〇「国際紛争」、 ×「西城秀樹」→〇「東条英機」、 ×「バリカン半島」→〇「バルカン半島」… 分野を問わず「珍解答」があるのも社会特有のものです。どうしてその答えが…と大人には理解不能ですが、それが12歳です。笑って済ませられるのは模試まで。家族で大笑いした後は、きっちり「詰める」ことを忘れずに、です。

書くだけでなく「変化球」もあり

間違えの例を並べられて混乱してしまうかもしれません。正しいものを書けるようにするのと同時に「正しいものを見極める」力も大切です。

「ア 福沢論吉 イ 福沢諭吉 ウ 福沢輸吉」などのように選択肢問題を親御さんが作ってあげて、正しいものを選ぶ、という勉強の仕方も「変化球」としてありです(正解はイ)。「ア 卑弥呼 イ 菅原道真 ウ 藤原頼通 エ 大久保利道」などのように「間違え探し」にしてもも良いでしょう(正解はエ)。

普段は書けていても、本番で「あれっ、どっちだっけ??」となることはよくあります。本番直前に最終確認するために、試験会場に持ち込むのは分厚いテキストやノートではなく、間違いやすい漢字を記した紙一枚がおすすめです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク