慣れだけ?前受けから得られる「気づき」

+11
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
前受けからの3つの「気づき」
実戦の気づきはインパクトが違う
入試は不思議と「流行り」がある
・前受けじゃない「ガチ」もいる

スポンサーリンク

前受けからの3つの「気づき」

本番の入試に慣れる場として位置付けられる「前受け」。雰囲気を体感するという意味合いもありますが、「前受け」の効用はほかにもいくつかあります。その1つが今年度の最新入試問題を通して、次の入試に生かせることです。

受験した中学で試験問題が持ち帰り可能な場合は、もう一度トライして自身の解答を「再現」してみます。てこずった問題やどうも自信がない問題だけでなく、できた(と思っている)問題も「もう一度」です。

解答再現の作業は塾によって必須のとこもあります。その場合は指示に従って取り組みます。逆に塾や先生によっては「終わったことは振り返らず、次の試験対策を」という方針の場合もあります。

それも一理あるのですが、解答再現には大きな意味があります。それは「気づき」です。「自分の強みと弱みの再認識」「実戦を経験して分かったこと」「今年の入試問題のトレンド」という3つの「気づきです。

実戦の気づきはインパクトが違う

1つの中学校の入試を受験すれば「自分の強みと弱みの再認識」がかなりできます。それを頭の中でぼんやりとではなく、きっちり実感するための解答再現です。

スポンサーリンク

「算数の図形問題は直前まで一生懸命復習した成果が出たけど、計算は急ぎすぎてまたミスした」とか、「国語の記述は短くまとめるのもできるようになっているけど、問題文をしっかり読まず少しズレた解答を書いてしまった」「社会は時事問題をやりすぎて歴史を忘れている」など、自身の現状での本当の力が鮮明に見えてきます。

実戦での「気づき」「間違い」は、普通に勉強しているときよりインパクトが違うので、記憶に残りやすく、次の入試では必ず意識します。

加えて「時間配分の再点検」「どういう順番で問題を解いていくかの戦略」などの確認もできます。「実戦を経験しての気づき」は貴重です。

よく合格体験記には、入試を1回経験することによって「ようやくピリッとしてきた」(特に男子に多い)という親御さんの手記が掲載されます。家庭での過去問演習、塾での模擬試験の何十倍もの効果が実際の入試にはあります。「前受け」の意味は慣れだけではありません。

入試は不思議と「流行り」がある

「今年の入試問題のトレンドを読む」ということが、前受けからできることもあります。

不思議なことに、入試問題にもその年の「流行」があります。別に各校申し合わせて作成しているわけではありませんが、なぜか同じ分野の問題がその年に限ってよく出る、という流れが出来上がるのです。

例えば算数なら「立体切断」が、国語の読解素材文は「差別の問題」がテーマとして多いとか、理科社会は自然災害系の問題などといった具合です。

1校で出題されたからといって、それで全体の流れが分かるほど単純ではありませんが、塾にはそれぞれの生徒が受けた中学の問題冊子が集まり、なんとなく「流れ」が見えてきます。それを先生が分析し、残りわずかになった授業でとり上げ、解かせる場合もあります

冬期講習が終わると、塾のレギュラー授業は欠席が目立ちます。受験当日だったり、前日だったり、あるいは「家で苦手を集中してやりたい」「インフルエンザやコロナが心配」などが主だった理由です。人数が少なくても授業があれば先生は授業をします。そんな時に最新の問題を教材に使うのです。

類似問題が他校で出て、解答再現をきちんとやった子や授業で取り扱って解いた経験がある子と、そうでない子が合否の明暗を分けた、という事例はよくあります。前受け校の出題、侮れません。

前受けじゃない「ガチ」もいる

「前受け」と位置付けている受験生がいる一方で、埼玉、千葉、あるいは地方の中学校が第1志望の受験生もたくさんいます。その子たちは真剣勝負です。気合の入り方が全く違います

「ガチ」できている受験生が誰かは見分けがつくはずもないのですが、前に座っている子、横にいる子がそうかもしれない、と思うことで、こっちも「締まってくる」ものです。過度に緊張すると困りますが、「緊張感」は必要です。親御さんから「ガチの子がいるから、なめてかからないように」くらいのひと言があってもいいかもしれません

受験は実力も大切ですが、学力が同レベルかやや劣っているなら、最後は気力勝負になります。「前受け」とは思わず、目の前の入試に全力投球です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク