埼玉入試後「変更」していいこと、良くないこと

+11
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「思わぬ結果」でも旗は降ろすな
受験生の「熱さ」親の「冷静さ
例外 前受け追加で得る「自信」
・「流れは断ち切るな」は鉄則

スポンサーリンク

「思わぬ結果」でも旗は降ろすな

埼玉入試が解禁となり、早くも合否の結果が出たところも少なくありません。「予定通り」合格を勝ち取った場合は、次のステップへ、となります。逆に「思わぬ結果」になっていた場合、親御さんの中には「このまま進んで大丈夫?」と不安になり、受験プランの変更を模索しだします。

「実戦」の入試での「黒星」は動揺するのも当然です。しかし、動揺して「受験プランの見直し」をやりだすと、良いことはあまりありません揺れてしまう気持ちは痛いほどわかりますが、腹を決めて「予定通り」に進むことを基本線とします。

親御さんが「思わぬ結果」にぶれて、安全校ばかりを並べる受験パターンを検討し始めたとしても、当の受験生本人=子どもが「どうしても」という気持ちで第1志望受験への気持ちが萎えていないなら、子どもの「意地」に賭けます。第1志望校受験の旗を降ろさずに突き進みます

結果がどうこうより、モチベーションの問題です。子どもが「ここを受験したい」という意志があれば、親御さんはそれを一番に尊重すべきです。親御さんの中学受験ではなく、子ども自身の中学受験だからです。

受験生の「熱さ」親の「冷静さ」

受験生本人には「熱さ」が必須ですが、一方で親御さんには「冷静さ」が必須です。第1志望が「残念」だった場合、親御さんは「善後策」をしっかり練っておきます

スポンサーリンク

具体的には第2志望以下で「勝てる確率」を高めます。第1志望合格を強く願うのとは別に、客観的に「合格の可能性が高く」「6年間通わせても良い」学校の対策に軸足を移します。

第1志望対策と同等、もしかしたらそれ以上に残りの日数を第2、第3志望の過去問などから「正解の根拠があやふやなもの」、「もう少しで正解にたどり着くもの」を、確実に「できる」状態にします。これは第1志望校でも同じです。生煮えの状態を、きっちり消化できる状態にすると、多くの受験生は飛躍的に得点がアップします。

この受験最後の「プロジェクト」は、親御さんが直接指導、あるいは塾の先生との橋渡しをして指導をしてもらうなど、臨機応変に動きます。ここが親御さんの腕の見せどころです。子どもばかりに頑張れ、勉強しろ、と言わずに、親御さんが水面下でどれだけ「中学受験を勉強」してきたかどうかの差は、最後に如実に表れます。

例外 前受け追加で得る「自信」

根本的な受験プランの直前変更はお勧めできませんが、例外はあります。埼玉入試、地方の首都圏会場入試の「前受け」で結果が出なかった場合、「前受け」の追加は「あり」です。

入試というのはどのレベルの学校であれ「最高の舞台」です。ここでしか体験できないものばかりが凝縮されています。「最高の舞台」での「1勝」を上回る「自信」の付け方はありません。自分はできる、やれるという「自信」です。周囲の言葉がけ、志望校の過去問で合格最低点をクリアすること以上に、実戦での白星は最大の効き目があります。

本来、予定外の受験はお勧めできないのですが、実力的に余裕のある学校、「勝てる学校」を受験し、成功体験を得たうえで2月の決戦へと向かうのは「流れを変える」絶好の機会になります。

確実に流れを変えるためにも、過去問は1回分で構わないので取り組みます。「持ち偏差値的に余裕」がある学校でも入試は侮れません。石橋を叩いて渡ります。

「流れは断ち切るな」は鉄則

「流れを変えてはならない」のも中学受験です。よく「前受け校で合格して調子に乗る子は、一度不合格を経験させた方が気合が入る」という話を耳にします。そういう子もいるとは思いますが、12歳の子がする中学受験は「良い流れを断ち切るな」というのが鉄則です。

一度不合格の「恐怖」を経験すると、子どもは少なからず動揺します。その後の「変化」は全く想像できません。普段明るい子で小さなことにこだわらないような子が、急に臆病になり「入試を受けるのが怖い」と泣き出したりもします。

一度切れた流れはなかなか戻りません。調子に乗っていたら、そのままでも構いませんし、目に余るようでしたら塾の先生に頼んで一喝してもらいます。

親御さんが一喝すると、「言わなくてもいいこと」まで口にして雰囲気を悪くします。これも流れを変えてしまう原因になりかねません。子どもが気持ち良く走っているのなら、止める必要はないのです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク