中学受験「デキる親」の伴走は「ややユルい」

+13
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
・計画性で差が出る親御さん
・デキる親の目標は「ややユルい」
・「デキる親」は試験に意図がある
・「デキる親」はギアチェンジする

スポンサーリンク

計画性で差が出る親御さん

勉強だけでなく、日常生活でもまだまだ成長過程という精神的に幼い子は、偏差値のレベルに関わらず、程度の差こそあれ親御さんの「伴走」が必須です。

子どもだけを机に向かわせるのではなく、長丁場になりますが、親御さんも腹をくくって付き合います。

「そんなの無理無理無理。だから塾に預けているんじゃないの」という反論はよく耳にします。

しかし、実際に中学受験で納得のいく結果を出している親子は文字通り「一丸となって」戦ったケースが圧倒的に多いです。

正月2、3日に行われる箱根駅伝のように、選手(中学受験でいう受験生)の後ろから声掛けしたり、走りを分析して的確な指示を与える「運営管理車」(中学受験でいう親御さん)の役目を親御さんが担います。

スポンサーリンク

この「声掛け、分析、指示」次第で受験の流れは大きく変わります。

中でも「デキる親御さん」は、出身大学の偏差値の高低や学歴に関係なく、子どもの勉強の進め方、考え方に「計画性」があります

デキる親の目標は「ややユルい」

中学受験で上手く伴走できる親御さんの条件は3つあります。

①ややユルい目標から入る②ややユルい計画を立てる③時機が来たらギアチェンジする、です。

もし、子どもが偏差値50前後、40台前半をうろうろしている状態なら、取り組む課題はその子のレベルで、10問中7~8割できる基礎問題を中心に毎日取り組みます。残りの2、3割は「もう少しで手が届く」というレベルものを並べます。

塾の宿題も指定されたところから「これは自力で正解できる」「1回目は間違ったり、悩んだりしても、その後で自力で正解に持っていける可能性のあるもの」という「仕分け」をして課題に取り組みます。

出来ないものばかりを目の前に出されては気持ちが前向きになれません。10問あったら7、8割、最初は半分から6割でも良いかもしれません。「ややユルい」合格点でOKとします。

成績が伸びない、低いところで足踏みの子は、まず「勉強習慣」と「勉強体力」を付けることが第一歩。親御さんがぐいぐい引っ張っても、このレベルの子はついてこれません。そのための「自力でできる基礎問題」で正解を連発します。

ゲーム感覚で漢字や計算の出来を親子で競う、課題をクリアしたら「おやつ箱から好きなものを3つ食べていい」とかの遊び心を取り入れるのも「あり」です。楽しみながら取り組みます。

できると思ったのにできなかった、ミスによる不正解が多くても決して子どもを非難しないことが肝。子どもなりにプライドもあります。そこをズタズタにすると勉強に向かう気持ちはそがれます。

「やれば結構できる」。まずはこの感覚が大事です。

ただ、親御さんのやることは「ユルくない」です。子どものノート、塾でのテスト結果などを分析し、何が分かっていて何が厳しいのかを「仕分け」しなければなりません。

これができていないと、子どもに合わせた課題が出せず、ただ「勉強しなさい」と言うだけのパターンになるからです。

親御さんの自力だけでは難しければ、塾の先生に「監修」をお願いします。塾の先生は「利用してナンボ」です。踏み込まないと、塾からは何もしてくれません。

「デキる親」は試験に意図がある

「ややユルい」といっても、無計画に、やみくもに勉強をしても成績は上がりません。

1つの目標として「塾の小テスト」で力の付き具合を試します

具体的には前週の理解度をみる小テストで、7割程度の「ややユルい」得点を目指します。

家庭学習の中で「ここだけは必ず正解する」「ここができれば大金星」などと、「狙って」得点を重ねます。

「狙った」ところが正解すれば目的達成、得点が低くてもあらかじめ「この問題は正解する」というものができていれば「任務完了」です。

逆に当てずっぽうや勘で正解したものは、徹底して復習して根拠をもって正解するまでやり込みます。

1日に取り組む分量は適量やや少なめにします。「もう少しやりたい」くらいで切るのがベター。集中力が続かないのなら15分やって5分休みなど、細かく区切って、科目も変えて「忙しく」します。

成績が振るわない子は、予定通り進めることが至難です。必ず空き時間、予備日をつくるのがコツです(子どもには秘密にします)。

前に進む=インプットより、復習すること=アウトプットする時間を多くとることも大切です。自力で正解を導き出せなければ、できることにはならないからです。

「デキる親」はギアチェンジする

そんなにユルくてみんなに追いつくのか、入試に間に合うのか、と疑心暗鬼になるかもしれません。

しかし、中学受験で苦戦している子にできる子と同じ分量、同レベルの問題に取り組んでも消化できません。あるレベルの「勉強習慣」「勉強体力」が付くまで、ややユルい方が挫折しません。

コンスタントに狙ったところができるようになると、子どもは「もっと点を取りたい」「もっとできるようになりたい」という感情が自然にわいてきます。「できる」ことの楽しさを体感するからです。

「ユルい」勉強は、あくまで勉強習慣、勉強体力があるレベルに達するまでの措置です。狙ったところが正確にできるようになる回数が増えてきたら、親御さんは徐々にギアを上げていきます。「一気に」ではなく「徐々に」です。

自力で正解できるものに加えて、これまで自力でできる「かもレベル」だった、2、3割の問題を解答解説を頼りにしながらでも真剣に「考える」という課題に本格的に取り組みます。

毎日1つで良いので、考えた末に「腑に落ちた」という感覚を身に着けます。

この成果は小テスト以上に月例テストや実力テスト、模試で得点、偏差値として反映されていきます。

「問題には必ず解答への糸口があって、基礎をベースにそれを見つけられるようになるのが「毎日の勉強」。こういう姿勢になると、成績は伸びていきます。基礎を徹底した分、その回路がつながれば、偏差値も一気に上がります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク