【中学受験】歩留まり

+2

★歩留まり(ぶどまり)
 中学入試で合格した子どもがどれだけ入学手続きをしてくれるかの割合。「歩留まりが良い」といえば、手続きの割合が高いことになる。この割合をどう読むかで、学校側が出す合格者の割合が決まってくる。歩留まりが良いのは、第1志望合格が多いと言える。

スポンサーリンク

 もともとは経済用語で製造業などで、原料や素材の投入量に対し、実際に出来上がる製品の割合のことを意味する。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です