入試であと10点プラス 冬期講習の使い方

+12
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「使える引き出し」の確認を
「やや苦手」を「標準」にする
失敗に至る「なんとなく」の放置
・時間は貴重 欲張るな、数を絞れ

スポンサーリンク

「使える引き出し」の確認を

間もなく始まる冬期講習。6年生はこれをどう有効に使うかで、入試での「あと10点アップ」が可能かどうかの分かれ道になります。

 冬期講習のテキストの多くは、合格に必要なエッセンスを集めた良問が並ぶ構成です。自分の持っている「引き出し」が使えるのか、てこ入れが必要なのか、新たな「引き出し」を作る必要があるのか、確認できる最後の機会になります。

 中学校名の冠が付いている「学校別特訓」授業の延長で冬期講習を受講できる受験生は、テキストの復習に徹するのが入試で「あと10点アップ」への道です。

ノーマルな冬期講習にしても、学校別特訓の延長にしても、得点力アップに一番近いのは「もう少しで自力でてきる問題」の完全マスターです。この時点で「自力では手も足も出ないもの」を気にして時間を取られるよりは、「もう少し」のものを何とかする方が合格につながります

「やや苦手」を「標準」にする

偏差値55~60手前の上位校、偏差値50前後の中堅校、それ以外の一般校を受験する子どもの多くは、いくつかの「ウイークポイント」を抱えているものです。それを1つでも多く「つぶしていく」のが、この冬期講習です。

スポンサーリンク

「できているもの」は確実に、自分が「やや苦手にしているところ」「もう少しで自力で解けるもの」を得意、といわないまでも「人並み」「標準」レベルにするのです。

子ども任せではまず苦手には取り組みません。先が見通せない12歳の子どもは、できないままで「逃げ切り」を図ります。そこは親御さんが塾の先生と連携して克服します。

親が言っても煙たがられるだけなので、先生からの「声がけ」がポイント。親御さんが普段から塾の先生とコミュニケーションを執ってく必要があるのは、こういう「勝負所」でのアシストを頼みやすくするためでもあります。

失敗に至る「なんとなく」の放置

難関校狙いの子でも、中堅校が目標の子も共通しているのは「よく分からないけど、テキトーにやってたら正解した」というものがいくつかある、ということです。

算数で問題に正解しても、実は数字をごちゃごちゃいじっていたらたまたまできた、という場合があります。「どうしてそうなるのか」を子どもが説明できるかどうか、気になる問題は親御さんが「子ども先生」に質問してみてください。

「正解なんだからいいじゃん」。追及すると子どもは反論しますが、試験で失敗する最大の原因は「なんとなく」の放置です。なんとなくの理解、知識で入試に臨めば、問うていることは同じでも出題の仕方を変えられたり、別の言葉で設問されてしまえば太刀打ちできません。

「あれ、どこかでやったような問題なのにできない……」と焦り、解答への糸口が浮かばない、浮かんだとしてもミスを誘発、動揺して他の問題もミス連発という悪循環に陥りがちです。

こうして入試での「まさか」が頻発するのです。「たまたま」正解していた問題が数問あったことで、かろうじて模試の合格判定は悪くなかったものの、本来の力ではないために、一番肝心な入試本番で馬脚を現してしまうのです。

時間は貴重 欲張るな、数を絞れ

冬期講習で手も足も出なかった問題は「もういいです」。気になるかもしれませんが、事ここに及んでは仕方ありません。潔く諦めます。

家庭での復習も自分なりの優先順位を付けて取り組みます。キーワードは「なんとなく撲滅」と「もう少しで届く問題」です。それも数を絞ってがコツ。あれもこれもと欲が出るのは分かりますが、時間も限られています。5問の中途半端より2問きっちりやる方が得策です。

受験勉強最終盤をうまく切り抜ける最大のポイントは「取り組みの絞り込み」です。欲張ると必ずと言っていいほど崩壊します。自分で絞り込みが難しい場合は先生に決めてもらいましょう。大詰めです。ちゅうちょせずに塾の先生を大いに利用しましょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク