中学受験 「悪い流れ」を変える3つのポイント

+14
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
高偏差値キープの肝は4年生
中受の王道必勝パターンはコレ
悪い流れを変えるに必要な3要素
・近道は教材の「一点絞り」

スポンサーリンク

高偏差値キープの肝は4年生

偏差値は、中学受験に本格参戦する4年生が一番伸びやすいといえます。

理由は2つ。1つは「まだ扱っている内容が易しく、積み重ねが少ない」からです。

だからこそ負荷が少ないうちから家庭での「学習習慣」をつけることが、将来的に成績上位キープにつながるのです。まだ、多くの子が家庭での「学習習慣」が身についていないうちに差をつければ、6年生になっても安泰です。

家庭学習で親御さんが気にしておくことは、塾でやった内容の「分からないの芽」を放置せず「小さいうちに摘み取る」ということです。

宿題は「こなす」のではなく、出された課題を通して「何が理解できていて、何が理解できていないのか」を仕分ける指標と位置付けます。

スポンサーリンク

この「仕分け」に親御さんが加わることで「分からないの芽」を発見、手を打ちます。

親御さんの手を煩わせるのは、子どもは余程しっかり自分を客観視できる子でない限り、分からないところは「放置する」からです。

逆に一番アウトなのは「塾に丸投げ、親御さんノータッチ」です。

入塾当初、子どもの成績が良いと安心しがちですが、解答・解法丸暗記で「理解」が伴っていないというケースも多々あります。

4年生レベルだと少し賢い子なら、「やりっ放し」で復習をせずともまずまずの点数がとれます。しかし、算数などで本当の思考力が問われるようになる5年生夏以降に失速し、以後はなかなか浮上できなくなります。

親御さんが気が付いたときは「かなりヤバい」状態で、成績が上向かないまま入試本番は毎年至る所で見かけます。

中受の王道必勝パターンはコレ

4年生が一番偏差値が伸びやすい2つ目の理由は「まだのんびりしている子が多い」からです。

受験するという実感がない10歳は、塾での授業も集中せず、小学校とは違った友人との「社交場」となっている子が下位クラスを中心に多数います。

テストの点数が悪くても「僕だけ、私だけじゃない」となれば「ヤバい」とはなりません

その中で「スタートダッシュ」をかければ、上位進出はそれほど難しくありません。

スタートダッシュで勉強習慣とともに勉強体力がついていけば、質の良い勉強をある程度の量を伴って行うことができます。これがポイント。勉強は質量が伴うとモリモリ力が付きます。

5年生で「勉強の質量」をキープし、成績が高い位置で安定すれば、中学受験の王道必勝パターン「先行逃げ切り」が見えてきます

6年生になって「俺もそろそろ頑張るかぁ」と重い腰を上げた子との差は歴然。逆に差は開くばかりです。

入塾は一緒でも早い段階から日々の積み重ねを無駄にしなかった子は、受験終盤でも失速することは少なく、中にはさらに偏差値を上げていきます。

悪い流れを変えるに必要な3要素

5年生、6年生と学年が進んでいて「今さらそんなことを言われても…」という親御さんも多いと思います。

しかし、ここから巻き返しは可能です。5年生は1年後に向かって、6年生は入試本番までにギリギリ間に合わせます。

受験勉強の「悪い流れを変える」のに必要な要素は3つです。

「地道な勉強体力の養成」、「分かるところへ戻っての復習」、「教材の一点絞り」です。

まずは、一定の時間内に集中して勉強をする「勉強体力」の養成です。

最終的に勉強体力がないと、どんなにいい先生に教わっても、素晴らしいテキストが手元にあっても、本人がいい素材の持ち主でも、成績は足踏みか下降線です。

まずは「無理のない勉強量」からスタートします。ただし、毎日決められた時間は「きっちり」やります

量的にも時間的にも「えっ、これだけ」から始めて徐々に負荷をかけていきます。勉強体力は一朝一夕には付かないからです。

遅れを取り戻そう、一気に追いつこうと「無理」をする(させる)から勉強に「挫折」するのです。

最初は「牛の歩み」。1日1つ何かができるようになれば任務完了です。「無理なくきちんとやれる」が大前提です。

それがしばらく続いて、徐々に加速です。

親御さんが、子ども自身が「我慢」できるかどうかが鍵です。勉強ができるようになるコツは「気長」ともいえます。

次に分かるところへ戻っての 復習」です。

学年に関係なく、勉強する際は必ず「どこが分かって、どこがどうして分からないのか」を意識しながら進みます。

できなくなった理由は「今、目の前の分からない箇所」ではなく、それ以前の「あやふやの放置」に原因があるというのがほとんどです。

「分からないところ」だけやっても根本の原因がつかめないと、次はまたできません。

「どこから分からなくなったか」の解明には子ども独りでは無理があります。親御さんのアシスト、塾の先生の協力、中学受験に精通した家庭教師の助けなどが必要です。

中学受験で「自走」がほとんどできないのは、「分からない」の自力克服が難しいからです。

近道は教材の「一点絞り」

最後に「教材の一点絞り」です。

塾でも勉強法でも、結果がすぐに出ないとやめてしまうのは、偏差値が伸びない子の典型的なパターンです。

偏差値の高い子は「補助教材はあったが、メインは塾のテキスト」という子が圧倒的です。つまり「教材の1点絞り」です。

中学受験の場合、各塾のテキストはもそれぞれ構成は違えど、よく練られた「良い教材」です。

気を引く宣伝文句に飛びつき、次々参考書や問題集を買っても、補助教材にはなれど、メインにはなりません。

辛抱強く、テキストを何度も繰り返しやり込み、読み込むことが、実は偏差値アップの「近道です。

転塾経験はあっても1回まで。次々に塾を変えて、個別、家庭教師へと転々とすると、中学受験はなかなかうまくいきません。

場所や先生が代われば、それまでやってきたことが継続されにくく、またゼロからのスタートになるからです。

親御さんの腰が落ち着かないと、子どもの成績にも必ずと言っていいほど影響します。

結果は簡単に出ません。短くて3カ月、最低でも半年は「我慢」します。

ゆっくりでも地道に積み重ねた子は、必ず伸びます

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク