【中学受験】濯川

0

★濯川(すずぎがわ)
 武蔵中(東京都練馬区)のキャンパス内を流れる小河川。東京で一番短い川で、流域は200メートル。元の名前は千川上水から分水された中新井分水と呼ばれていたが、武蔵学園が古代中国の詩人・屈原(くつげん)の「漁父辞(ぎょほ)」にちなんで命名された。

スポンサーリンク

 千川上水は現在ほぼ暗渠(あんきょ)化されたため、ここが江戸、明治期の様子を今に伝えている。受験生の中にはこの川と多くの樹木に囲まれた環境が気に入り、志望動機にすることも多い。春の桜、秋の紅葉は美しい。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です