中学受験 2・1前日に伝えたい4つのこと

+1

受験の窓口 今日のメニュー
最後の対策は注意点を紙に書いてまとめる
・自分のペースに持ち込むカギは「受験番号と名前」
「得意なもの、行けそうなもの」から取りかかる
・瞬殺できない、見当違いは深追いするな
たい焼きのあんこは尻尾にたっぷり 問題文は最後まで読む
4つのポイント読み直すだけで救われる

スポンサーリンク

最後の対策は注意点を紙に書いてまとめる
 いよいよ2月1日です。ここまで来たらジタバタしても仕方ありません。できなかったらどうしよう、苦手な問題が出題されたら…などネガティブなことは考えず、「1点でも多く得点するには?」を最後に整理して、当日に臨みましょう。1月校で「前受け」をしている場合は、その経験を生かすのが最大の「前日対策」になります。

 単純なことですが、各科目あるいは共通して注意すべきことを紙に書きだしてみるとまとまります。頭の中で思い描いても明日には忘れてしまいます。

入試を受ける時点でのチェクポイントを書き出しておく

★自分のペースに持ち込むカギは「受験番号と名前」
 対策といっても、各教科の問題の解き方とか、そういうものではありません。緊張して頭の中が真っ白になってしまった時や、細かいとこでの失点をなくす最低限のポイントです。誰にでも共通する4つのポイントを挙げておきます。

 先日も書きましたが、最初のポイントは「受験番号と名前をしっかり書く。気持ちを落ち着かせてから問題を見る」です。これで1点プラスとかには当然なりませんが、試験会場で「それでは始めてください」の合図の後、一斉に問題冊子が開く音は、受験生をより緊張させます。一瞬、頭に血が上ったり、胸の鼓動が早くなるのをしずめるために、番号と名前をきちんと書いてひと呼吸入れます。自分のペースにしてから試験問題にとりかかります。

受験番号と名前を書いて気持ちを落ち着かせる

★「得意なもの、行けそうなもの」から取りかかる
 問題は大問1から順番に解く、必要はまったくありません。塾でもさんざん言われてきたと思いますが、「自分が得意なもの、行けそうなものから手を付ける」これが2つ目のポイントです。

スポンサーリンク

 受験番号と名前を書いたら、問題冊子をペラペラめくって問題をながめます。国語だったら、読解の素材文の長さはどれくらいか、目に入ってくる文字から説明文と物語文どっちの方が自分の好みか(解きやすそうか)。漢字の書き取りは前にあるのか読解問題の後なのか、あるいは素材文の中に組み込まれているのか。過去問と同じ例年通りのパターンなら大丈夫ですが、漢字の書き取りが独立問題から読解問題の一部に変わったかでも受験生は動揺します。入試本番は頭の切り替えが早い子が得点を稼ぎます。変わってしまったものは仕方がないので、そういうものだと思って解く順番をすぐに決めます。

取るべき最善の選択は…試験中は常にそれを考える

瞬殺できない、見当違いは深追いするな

 3点目は「瞬殺できない問題、少し考えできない問題は深追いしてはならない」です。

 すべてとは言いませんが、入試問題には“わな”が仕掛けられています。簡単そうに見えても、とりかかってみると計算が複雑だったり、自分の立てた解答への方針が違うことが色濃くなってきたりなど、見当違いは時々あります。その時は潔く“一時撤退”です。まずはすべての問題にあたることが大切です。途中に難問があり、実は一番最後が簡単だったなんてことはよくあります。最後の問題までたどり着き、ひと通りやった後、リターンすれば良いのです。

 途中でハマってしまい、最後まで泳ぎ切れず入試の結果は“撃沈”という子を何人も見てきました。一時撤退した問題に印をつけて、できるかもしれない問題から優先的にとりかかります。「1点でも多く」が入試の鉄則です。

深追い禁物 入試は状況に応じて進む方向を変える

★たい焼きのあんこは尻尾にたっぷり 問題文は最後まで読む
 最後は「問題は文末で決まる。最後まで必ず読み切って条件を丸で囲む」です。記号選択問題はいつも「もっともふさわしいものを1つ選びなさい」とは限りません。「誤っているもの」をかもしれないし「正しいものを2つ」かもしれません。中には「すべて間違っている場合はオと答えなさい」なんていうものもあります。答えの決め手となる条件は、問いの最後に書かれており、これを丸で囲んで自分が答えなければならないものを頭にたたき込みます。

 途中で気づいて問題を見直したら、正しものを選ぶものと誤っているものを選ぶ問題が混在し、書き直しているうちに時間切れ、という悲劇もありました。早く解きたいのは分かりますが、“たい焼きのあんこは尻尾に入っている”のが入試問題と思って取り組んでください。

問題の解答条件は文末まで分からない 最後まで読むこと

★4つのポイント読み直すだけで救われる
 駆け足で受験生に共通する4ポイントを挙げました。各教科の注意点は個人で違うと思います。それを各教科3つ以内書いて、1日以降の試験前に必ず読み返してください。共通の4ポイントと合わせて、これだけでポーターラインの受験生は救われます。みなさんの健闘を祈りします。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です